保育士の腰の痛み・腰痛は職業病です

保育士の腰痛・腰の痛み腰の痛み・腰痛記事一覧

どうして腰痛が起こるのか?

「あ、保育士さん?腰痛めやすいよね?」なんてマッサージ屋さんから声をかけられるほど、腰が痛いのが一般的と思われている職業の保育士。そして事実、腰の痛みに個人差・程度の違いはあれど多くの先生が腰痛に悩まされています。それはいったい何故なのか??それは保育士という職業特有のある動きが関係していました。

≫続きを読む

腰痛を放っておいて悪化するとどうなる?

腰痛もいきなり始まるわけではありません。かならず、段階を経て痛みが始まります。ここでは腰痛の段階を順を追って説明しますね。

≫続きを読む

腰痛対策:体幹を鍛えて骨や体を支える

まだ腰は痛くないよ!新卒だし年齢的にも若い!という保育士さんには、第一にしっかりとした体幹を作って、筋肉のサポーターを作って欲しいと思います。腰周りは、腹筋や背筋、横っ腹の腹斜筋など、沢山の筋肉が重なったり交差してバランスを取っています。保育士のお仕事の都合上、自分の姿勢のバランスが崩れた状態でもと...

≫続きを読む

腰痛対策:サポーターをつけて筋肉を補助する

体幹を鍛えて体を支えることが出来ればそれは一番理想ではあります。ですが、保育士のお仕事の負荷があなたの体の準備のスピードを追い越してしまったり、一気に腰を使うことがあって痛みが出てしまった場合・・・「痛い!」という状態は、腰が炎症を起こしている証拠です。急に痛みが現れたなら、それは急性炎症ですから、...

≫続きを読む

腰痛対策:サプリメントを併用し楽に痛みを緩和

腰痛が悪化してしまう原因に、筋肉が骨を支えられない→骨同士がぶつかり変形し、痛みを引き起こすというものがあります。この段階だと、骨と骨の間の軟骨が磨り減ってしまって、神経がぶつかってビリビリ痛い!というけっこうな苦しみを慢性的に持ってしまうような状態です。体を曲げたり、人によっても違いますけれど特定...

≫続きを読む

腰痛対策:疲れが残らないようしっかりストレッチ&グッズを活用

元を正せば、腰が痛くなった最初のきっかけは「だるく重く、疲れがたまった状態で無理をしたこと」でした。痛くなる前に保育士さんが自分で出来ることは、体幹トレーニングも然りではありますが、もっともっと大事なのは「たまった疲れをちゃんと取る」というセルフケアです。セルフケアと言っても、色々な方法があります。...

≫続きを読む