日差しやホコリにさらされて固くなった先生の肌はピーリングで解決!

皮膚が固い?そう思ったら角質ケアを

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

日焼けや、日々ほこりにさらされて汗をかく保育士さんは、知らずに肌にいつも強い刺激を受けています。そうなると、屋内ではたらくOLに比べて、早いスパンで皮膚が固くなってきてしまうことがあります。

 

 

過酷な環境であればあるほど、身体は自分自身を守ろうとして、強くなっていってしまいます。

 

そのせいで、肌の角質がうまくはがれ落ちにくくなり、ふだんの洗顔だけだと古い角質が取り除けなくなり、顔色がくすんでしまったり、もっとひどいと毛穴をふさぎ、吹き出物やにきびの原因になってしまうことも・・・・!

 

 

もしも日ごろ、洗顔後のお化粧水をつけるときに、しゅっとしみこんでいかないような感じがするなら、それはお肌の垢こすりの時期が来ているのかもしれません。

 

強い刺激はNG!シミの原因に・・・

 

垢こすりとはいえ、身体に比べて皮ふの薄い顔をごしごしこするわけにもいきません。肌は強い刺激や摩擦を受けると、色素を沈着させてしまう性質があるのです。

 

くすみや毛穴どころか、どうやっても取れにくい色素沈着というステージにレベルアップしてしまわないように、優しく優しく古い角質を取り除いてあげましょう。

 

 

 

こする以外に角質を取り除く方法で、オススメなのは「ピーリング」です。弱い酸で顔を不用な角質を取り除くという美容方法で、フルーツなどの酸がよく用いられます。

 

薄く表面をとかすことで角質を落とすので、こすることも無く、肌には一番負担を掛けずに済みます。

 

 

昔はフルーツ酸を使ったピーリングはエステサロンなどの専門施設でのみ行われていました。それは、比較的使用する酸が強く、素人ではなかなか加減が難しかったからです。加減が難しいので、サロンでもたびたび失敗の事例があるほどでした。

 

 

ですが、今は家で洗顔と一緒に少しずつソフトに安全にピーリングができる手軽な洗顔料が登場しています。

 

 

毎日少しずつピーリングをするので、肌への刺激もほとんどありませんし、手間が少ないのもありがたいです。これから日差しがますます強くなり、汗も沢山かく時期です。
お肌をケアを毎日ちょっとずつ貯金して、あとあとびっくりすることがないようにしていきたいものですね。